夢のために必要なこと

漫画

専門的に教えてもらえる

いちからマンガを描こうと思った場合、まずは人物を描くための基本を身につける必要があります。コミックイラストは写実的な絵とは異なりますが、人体のレッスンがきちんとできなければ崩れたイラストになってしまいます。漫画専門学校では、まずマンガ家として必要な最低限の技術を教えてもらえます。またパソコンが一般化している漫画業界において、CG技術は欠かせません。漫画専門学校ではパソコンソフトを用いたモノクロやカラーの描き方を教えてくれます。個人でCGを習得しようと思った場合は設備を購入する必要がありますが、専門学校には全ての機材が揃っています。こうした場所にはいくつかのコースがあります。ストーリー制作について学べる場所やイラストレーションについて学べる場所は一般的ですが、中には原作者志望のコースを用意している場所もあるのです。マンガ家を目指したいけれど絵を描くことができないと言う方にとって、嬉しい専門学校でしょう。また専門学校では講師の指導の下で自分の弱点を克服できるのが優れています。客観的に見て自分の絵の何が問題か、マンガキャラクターを作る上で何が足りないのかは分かりづらいものです。専門的な講師からプロとして通用するための指導をしてもらえば、デビューへの道のりが近くなります。漫画専門学校の中には少人数体制で生徒を教えている場所もあります。大人数だと緊張してしまうと言う場合、二十人以下でクラスを構成している専門学校を選ぶと良いでしょう。友達同士のコミニケーションもとりやすいのです。

Copyright© 2018 マンガ家を目指す人向けの高校~最初の1歩を踏み出すことができる~ All Rights Reserved.