専門技術を身につける

描く人

デビューに近い場所

マンガは多くの日本人にとって身近なエンターテイメントカルチャーです。日本のマンガは様々な技術と知識によって作られており、漫画家として大成するためにはそれらを身につける必要があります。中でもキャラクター作りやストーリー制作は、ノウハウを蓄積しただけでは良いものができるとは限りません。漫画専門学校に入学すればヒット作品を生み出すためのマンガ制作方法を教えてもらえるのが優れています。こうした専門学校に入学した場合、まずはマンガを完成させるための基礎を教えてもらえます。マンガを描くためには専用の原稿用紙とペンを使うことになりますので、その扱い方やルールを教えてもらえるのです。また一口にキャラクターといっても読者が魅力的だと思うものを立ち上げなければ意味がありませんが、専門学校では読む人を意識したキャラクターの作り方を教えてくれます。こうした専門学校には様々な講師が在籍しており、中には出版社で活躍した漫画家や編集者を招いている専門学校もあります。現場の話を聞くことでデビュー後のビジョンを描きやすくなるでしょう。また漫画専門学校には同じ夢を追っている志望者が沢山いるため、お互いの作品を品評し合うこともできます。人と切磋琢磨することで自分の腕を磨くモチベーションが上がりますので、一人では原稿作業が捗らないと言う方も漫画専門学校に通う価値は高いでしょう。数ある専門学校の中からどこに入学すべきか悩んだ場合、それぞれの学校が用意しているデビューまでの道のりを確認してみましょう。例えば編集者を集めて批評会を開いている専門学校もあるのです。

Copyright© 2018 マンガ家を目指す人向けの高校~最初の1歩を踏み出すことができる~ All Rights Reserved.